ブックタイトルSAZAN10月号

ページ
35/36

このページは SAZAN10月号 の電子ブックに掲載されている35ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

SAZAN10月号

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

SAZAN10月号

健康耳より情報日本補完医療推進協会毎年、検診を受けていた北斗晶さんや川嶋なおみさんが話題てみます。Mはマイタケ、Dは4番目に抽出された、フラクショになっていました。2人に1人ががんになる時代になにかいいンは微量という意味だそうです。日本人研究者が発見してアメ方法はないのか?いろいろな研究がされています。欧米ではがリカで研究が進んでいます。昔からマイタケは健康にいいとさんになる人も、がんで亡くなる人も減少しているそうですが日れながら少ししかとれなかったので研究する人もいなかったそ本と何が違うのでしょうか?最近の欧米での医療は『補完医療』うです。今は人工栽培できるようになって研究が進んでいるよが増えてきたそうです。また、病気になる前の『未病』で直しうです。『MDフラクション』を毎日1cc飲むと免疫力を高めてしまう予防医学も盛んに研究されています。今までの西洋医て様々な病気を防ぐことがわかっています。それを10cc飲む学になにかを補完する医療だそうです。鍼灸、マッサージ、アと、ある種のがんを小さくしたり、転移を防ぐそうです。抗がロマセラピー、ハーブ、サプリメント、瞑想、気功、ヨガ、催ん剤の副作用の軽減等もあるそうです。アメリカ政府は補助金眠療法などがあります。ただし、これらを医療に取り入れるとを出してMSKCCがんセンター等で臨床試験を重ねています。きには安全性と有効性のエビデンス(証明)を求められ、ライさらに『MXフラクション』も発見され、糖尿病、心筋梗塞のセンス制度もあるそうです。予防効果も発表されました。どちらも研究が進むと良いですね。今回は『MDフラクション』というサプリメントをとりあげ詳しい資料を差し上げています。注1MSKCCはメモリアルスローンケタリングがんセンターの略。1884年設立の世界最古のがん専門病院。常にベストホスピタル2位以内。『MDフラクション』の乳がん臨床試験中。乳がん、肺がん、肝臓がんは好成績。注2テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンター。ベストホスピタル1位。骨髄異形性症候群(白血病の前段階)のMDフラクション臨床試験中。補完医療の最先端病院。慶応大学病院、聖路加病院等提携多数。注3難波宏彰博士はMDフラクションの発見者。神戸薬科大教授。ライナスポーリング記念財団終身名誉理事。全国講演中。